アテナの新刊☆絵本日記☆
はじめまして。 引っ越してまいりました。 今が旬の絵本のご紹介。 アテナの裏ブログ。 どうぞよろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
タイの昔話★絵本
20060924010905
20060924010904


今回ご紹介の絵本は、今月発売された『こどものとも 年中向き 10月号』です。

タイトルは、『サムリ まめを とりかえす』再話/よしざわ ようこ 絵/チャイヤン・コムキャウ 福音館書店 です。

タイのちいさな むらに、サムリという おとこのこが おじいさんと おばあさんと いっしょに すんでいました。

あるひ サムリは、おじいさんに、からすから豆畑を守るよう、留守番を頼まれました。

そして、おばあさんは帰ったら、豆ごはんを作る約束をしました。

はじめのうちは、サムリは からすを おいはらっていましたが、友達がやってくると、みはりのことを忘れ、遊びに夢中になりました。

そしてサムリが畑に戻るころには、豆がからすに、根こそぎ取られていたのです

そこへ、かえってきて、豆のことを知って、がっかりする、おじいさんとおばあさんを見て、サムリは言いました。

「まってて、まめを とりかえしてくるからね!」しばらく歩いて、からすを見つけたさむりは、通りかかった 猟師に、からすをいおとしてほしいと頼みます。

ところが、猟師がそれをことわります。

そこへやってきたネズミに、今度は、猟師の弓をかじるよう、頼みます。

ところが ネズミにも断られます。

そこで今度は猫に、ネズミを捕まえるよう頼みましたが、それも断られます。

そして次には、犬に猫を噛み付くよう頼み、それを断られると、かなづちに犬の頭をたたくように頼みます。

またそれも断られ、たき火には、かなづちを焦がすように頼み、川の水には、たき火の火を消すよう頼み、どてには、川の水を埋めるよう頼み、しまいには、象に、どてを崩すように頼みますが、全て断られてしまいました。

そして座り込んでしまったサムリのそばに……

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/09/24 01:06】 | 昔話・民話 | トラックバック(0) | コメント(6)
| ホーム |
プロフィール

アテナ

Author:アテナ
アテナ一家が東横線沿線で生存が確認されたもようです。
☆アテナ☆
絵本大好きしがない占い師。
☆夫☆
「LEON]を愛読するチョィワルおじい。
☆長女☆
わが道を行く小3。
☆次女☆
内弁慶な年長。
☆三女☆
お調子ものの4歳児

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。