アテナの新刊☆絵本日記☆
はじめまして。 引っ越してまいりました。 今が旬の絵本のご紹介。 アテナの裏ブログ。 どうぞよろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ティラノサウルスシリーズ★第6弾
20070722061204
わたしはあなたをあいしています わたしはあなたをあいしています
宮西 達也 (2007/06)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


またまた出ました、ティラノサウルスシリーズ第6弾

今回も切ないです。








ティラノサウルスの すむ たにに、ゆきが ふってきました。

何日も食べていないティラノサウルス。

そこに翼竜タペヤラがやって来て、ティラノサウルス食い物があるとそそのかし、何日も何日も寒い雪の中を歩かせます。

とうとう力がつきたティラノサウルスにタペヤラがガブリ
とティラノサウルスに食いつきます。

しかし生きていたティラノサウルスは最後の力を振り絞り、騙したタペヤラをシッポで振って岩山の向こうに飛ばしました







それからずっと向こうに緑の森を見つけたティラノサウルス、ふららふ

になりながら、森に向かって歩き出すと、森の中からかわいい声が
「く、くいものだ……」

そこには3匹の小さなホマレケファレが、赤い実を食べていました。

「ヒヒヒ……ムシャムシャくってやる」

ティラノサウルスにそんなことを言われても、三匹は

「ムシャムシャー」

と言って喜んでいます。

ティラノサウルスは三匹を捕まえ、パクリと口の中にいれました。

が、三匹はティラノサウルスの口の中で、何回も何回も

「ムシャムシャー」

と言って喜んで飛び跳ねているのです。

『ムシャムシャ』はホマレケファレの言葉で『友だち』と言う意味

そんなことを知らないティラノサウルスは苦しいのと腹ペコで、倒れてしまいました



口の中から出てきた三匹は相談し、それぞれ食べ物を持ってきて、ティラノサウルスに食べさせます。

それからティラノサウルスと三匹は一緒に生活をするようになり、ティラノサウルスは『ムシャムシャ』と呼ばれ、三匹はそれぞれを『ウー』、『マー』、『イー』と呼ばれるようになりました。

そしてティラノサウルスは、しばらくすると元気になり、ティラノサウルスが住んでいた地域の言葉を三匹におしえました。

三匹の覚えた言葉は、
『ウマイ、ウマイ、ウマイ』
『ムシャムシャムシャ』
『ナカヨクシヨウ』
だけでした。

でも、言葉が通じなくても、お互いの思っていることがだんだんわかるようになってきました。

ティラノサウルスは ウーと マーと イーと いっしょに
いることが、たにしくくて うれしくて しあわせだなあと かんじました。

あの タペヤラとは ことばは つうじたのに、こんな きもちには
なれなかったことを おもいだしました。 







ある日、三匹はティラノサウルスを喜ばせようと内緒で、赤い実を採りに行きました。

そのとき、突然アルバートサウルスがあらわれました

ティラノサウルスに似ているアルバートサウルスを見て三匹は、ムシャムシャと同じ言葉を話すので、友達かもしれないと思いました。

イーがアルバートサウルスに赤い実を渡しながら、
「ナカヨクシヨウ。」
と言いました。

そのころ、ティラノサウルスは心配で心配で、三匹を探していました。

「グオー!」

あかいみの はやしから アルバートサウルスの こえが ひびきました。

ティラノサウルスははしりました。

ぜんそくりょくで はしりました。

ひっしで はしりました。

そして、あかいみの はやしに つくとーーーーーーー、









その後切ない結末が待っています。

こちらの絵本の見所は、ホマロケファレの会話がおもしろいところで、半減に三匹の会話が出てきます。

三匹の言葉のほとんどは、言葉を反対から言っています。

例えば、『仲良くしよう』は『ウヨシクヨカナ』というかんじで。

そして、この三匹は小さいので、少し声を高めにして読んでいるせいか、子ども達は「可愛い」と言って喜んでいます。

また切ないラストが待ち受けていますが、子ども達は
「寂しいお話だね。」
と言いつつも特に次女は毎日のようにわたしのところに持ってきます。

ティラノサウルスシリーズ★第6弾

今までの作品よりもおススメです
スポンサーサイト
【2007/07/21 10:24】 | 宮西 達也 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<スリランカの話 | ホーム | 赤ちゃん絵本>>
コメント
これもせつない・・・
このシリーズは、全部読んだわけではないですが、みんな、せつないですよね。
アテナさんやmaruさんが薦めるので、気になっている本です。
昨年、丸善で見つけた(しかもシリーズであったのに)のですが、見送ってしまいました。(×_×;)しゅん

この前図書館で借りたのは、「あなたをずっとずっとあいしてる」だったかな?
たまたま、図書館にあったのです。
読み聞かせていて泣きそうになりました。(ToT)

第6弾もぜつないお話なんですね。
そばで次女がこの記事を読んでてて、「前の話と似ているね」って言ってました。
このシリーズも、揃えたいんですが・・・。(~へ~;)う-ん
【2007/07/23 07:13】 URL | かんが #0nrOdZ/U[ 編集]
良かった~。。。
かわいいv-238三匹のおちびちゃんたちが
あまりに清らかで、疑う事を知らないから、危なっかしい。。。
だから、引き込まれてしまいますよね~v-10
書店で立ち読みしていた私は、最後のページでググッときちゃいましたよ~
本当に、切ないけど、いいお話ですよねv-238
【2007/07/23 10:56】 URL | maru #-[ 編集]

かんが様、
お嬢様とこの記事をご覧になられているとは、光栄ですv-353
もっとわかりやすく紹介するえばよかったと、反省しtえいますv-390

我が家には全巻なく、たしか第2弾を読んだ記憶がないのですが、これをぜひ読んでみたいと思います。
次から次へと切ないお話を考えられるなって感心させられます。
このシリーズ、一体いつまで続くのでしょうねv-362
【2007/07/24 03:00】 URL | アテナ #PsQalZOA[ 編集]
maru様
そーです、そーですv-219
疑うことを知らなくて、危なっかしいところが引き込まれえるのでしょうね。
書店でもう読まれたとは、さすがですねぇ~v-410
子ども達はわたし以上に、話の中に引き込まれていたようです。


【2007/07/24 03:04】 URL | アテナ #PsQalZOA[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://shinathena.blog49.fc2.com/tb.php/20-0aa930d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

アテナ

Author:アテナ
アテナ一家が東横線沿線で生存が確認されたもようです。
☆アテナ☆
絵本大好きしがない占い師。
☆夫☆
「LEON]を愛読するチョィワルおじい。
☆長女☆
わが道を行く小3。
☆次女☆
内弁慶な年長。
☆三女☆
お調子ものの4歳児

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。