アテナの新刊☆絵本日記☆
はじめまして。 引っ越してまいりました。 今が旬の絵本のご紹介。 アテナの裏ブログ。 どうぞよろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
タイの昔話★絵本
20060924010905
20060924010904


今回ご紹介の絵本は、今月発売された『こどものとも 年中向き 10月号』です。

タイトルは、『サムリ まめを とりかえす』再話/よしざわ ようこ 絵/チャイヤン・コムキャウ 福音館書店 です。

タイのちいさな むらに、サムリという おとこのこが おじいさんと おばあさんと いっしょに すんでいました。

あるひ サムリは、おじいさんに、からすから豆畑を守るよう、留守番を頼まれました。

そして、おばあさんは帰ったら、豆ごはんを作る約束をしました。

はじめのうちは、サムリは からすを おいはらっていましたが、友達がやってくると、みはりのことを忘れ、遊びに夢中になりました。

そしてサムリが畑に戻るころには、豆がからすに、根こそぎ取られていたのです

そこへ、かえってきて、豆のことを知って、がっかりする、おじいさんとおばあさんを見て、サムリは言いました。

「まってて、まめを とりかえしてくるからね!」しばらく歩いて、からすを見つけたさむりは、通りかかった 猟師に、からすをいおとしてほしいと頼みます。

ところが、猟師がそれをことわります。

そこへやってきたネズミに、今度は、猟師の弓をかじるよう、頼みます。

ところが ネズミにも断られます。

そこで今度は猫に、ネズミを捕まえるよう頼みましたが、それも断られます。

そして次には、犬に猫を噛み付くよう頼み、それを断られると、かなづちに犬の頭をたたくように頼みます。

またそれも断られ、たき火には、かなづちを焦がすように頼み、川の水には、たき火の火を消すよう頼み、どてには、川の水を埋めるよう頼み、しまいには、象に、どてを崩すように頼みますが、全て断られてしまいました。

そして座り込んでしまったサムリのそばに……

飛んできたのは、小さなハチ。

そして、サムリはハチに、象の耳を刺すように頼みました。

すると、ハチは快くそれを引き受けてくれて、象の耳へ……。

結局その後、トントン拍子にことが進み、豆をカラスから取り返すことができましたが、どのような経過をへて、取り返したかは、中身を見てからのお楽しみに

今までにない画風に興味を惹かれ、思わず手にとると、中身も今までにない展開がとても面白かったです

タイは面白い話が沢山、埋もれている国なのかもと、思わせてくれる1冊でした

関連記事 maruさん ↓

http://blogs.yahoo.co.jp/maru5maru8/20269899.html







スポンサーサイト
【2006/09/24 01:06】 | 昔話・民話 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<復刊絵本 | ホーム | 不思議なお姫様>>
コメント
買いました~☆
世界の昔話って 絵が独特でいいですよね~v-46

おっと、終わりはお楽しみなんですねv-236

私も 近いうち 紹介しようっとv-219
【2006/09/21 22:00】 URL | maru #-[ 編集]

maruさんとこから、見にきました~!
こういう、お話って大好きなんですよ。
子どものころは、日本や世界の民話とかをよく読んでいました。
最近は、子どもにそういうお話読み聞かせしてないなぁ・・・。
【2006/09/23 10:01】 URL | かんが #0nrOdZ/U[ 編集]

maru様、
やっと仕上がりましたe-263
わたしも世界の昔話の絵って大好きなのですe-415
TBありがとうございました。
【2006/09/24 23:15】 URL | アテナ #PsQalZOA[ 編集]

かんが様、
すみません、かんがさんがコメントをくださった頃は、文章を
仕上げていなかったのでv-388

わたしも、子供の頃、民話が好きでした。
今でもですがv-291

ぜひ、お子さんとお読みになってくださいv-363
【2006/09/24 23:19】 URL | アテナ #PsQalZOA[ 編集]

こちらのブログがごぶさただったんですけど・・この本、おもしろそうですね。
タイの本か~~どんな画風で書かれているのかも気になります。
タイも農業国。農耕民族ってとこでは、日本と似てるかな?
【2006/10/09 00:21】 URL | まつりか #-[ 編集]

まつりか様、
なかなか鋭いですね~v-237
もしかしたら、暑い国なので、日本でも沖縄の方と性格が似ているかもしれませんね。
何だかとてもノンビリした感じの絵本でしたので、日本のお話では聞いたことがないお話だったので。
沖縄の昔話は知りませんけどi-229
【2006/10/09 08:50】 URL | アテナ #PsQalZOA[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://shinathena.blog49.fc2.com/tb.php/5-46accbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

アテナ

Author:アテナ
アテナ一家が東横線沿線で生存が確認されたもようです。
☆アテナ☆
絵本大好きしがない占い師。
☆夫☆
「LEON]を愛読するチョィワルおじい。
☆長女☆
わが道を行く小3。
☆次女☆
内弁慶な年長。
☆三女☆
お調子ものの4歳児

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。